蜂の巣

  • 2020.07.02 Thursday
  • 19:26

  ↑

仔犬時代のKOKOちゃん。

 

 

 

北海道、新宿、北九州 と、コロナホットスポットの北九州でしたが

なんとか感染状況も少しずつ落ち着きを見せ始め、MOMOKOKOも三か月の冬眠から目覚め、やっとこさお店を再開する運びとなりました。

 

ということで、先週の土曜日、3か月ぶりに陽子さんと再会!

積もる話に久々に笑い合い、久しぶりのお店にて再開に向けての作業をしました。

よーし、終わった、やれやれ、ほんならぼちぼち帰ろうか^^というところで

 

え?('ω')ようこがじっと見ている・・・・。

お店の扉の外をじっと見ている。

 

「・・・・・・・。」

息をひそめて見ている。

 

そして一言。

「蜂です。巣を作っているのかもしれません・・・・」

その眼はまるでゴルゴ13のような、まさしく敵を見極めんとする険しい目つきでした。

 

見ると、扉のすぐ左上にて足のなーがい大き目の蜂が上下しながら飛んでいる。

「ええっ!」

 

そして蜂の姿が見えなくなってから そっと外に出て、ふたりで遠目から扉の上を見ると

「やはりそうです。アシナガバチです。大体5月の連休が過ぎたあたりから巣を作り始めるんですよ」

って・・・・なんでそんなにあなたは詳しい・・・・。

 

「どうしよう?」店主オロオロ。

 

「業者に頼んだ方がいいですね。下手に刺されるとアナ・・・アナ・・・・」

「アナフィラキシーショック?」

「そうです!」

 

いやー、恐れ入りました。

ようこ、実に虫の生態に詳しくて 虫の話になるとなんでもよく知っている。

美しいキモノ美人の過去の顔は・・・・実は・・・・昔、野山を駆け回っていた少女!

 

ようこは言います。

「田舎育ちですから^^」

 

でも帰ってパパさんにその話をすると

「僕も田舎育ちやけど そんなん知らん!」

と、虫の生態については全くご存じない。

 

と言いますか、知らぬが仏です。

作成途中の蜂の巣がそこにあるなんてつゆ知らず、時々店に来て風通しをしていた私。

ああ、刺されなくてよかったー!

蜂の巣が出来るなんて、コロナ休業が生んだ、おもいがけないオマケでした。

 

で、即!業者に駆除して貰いました。

もう戻って来ないように毒も塗ってくれましたので、皆様 安心してMOMOKOKOにおいでくださいませ^^

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM